こんぶのくらこん 2017年度 採用サイト

ここをタップすると下の漫画が拡大表示されます
新入社員がくらこんについて学生時代に知りたかったこと!
Q
入社して気づいた
くらこんの魅力は?

上層部の方とも入社年数に関係なく、話をする機会が多いことです。
休みの日の過ごし方や買い物のことなどプライベートの話題を、社長とできるなんて他社では余りないのではないでしょうか。 

「新入社員でも活躍のチャンスがたくさんあること」です。
入社1年目でも新商品やキャンペーンに関わらせていただけたり、企画などを提案できる場があったり、社長の前でプレゼンテーションによる発表をする機会があります。1年目はわからないことだらけで一杯いっぱいなことが多いですが、ひとつひとつの仕事をすすめるごとに喜びや達成感が感じられます。

先輩社員に積極的に質問できる環境です。
先輩社員がフランクに接してくれます!

Q
入社前と入社後のギャップは?

くらこん商品の幅の広さに驚きました。入社前は「くらこん=昆布の会社」というイメージが強く、どれも昆布の製品なのではと思っていましたが、昆布だけに限らず伝統的な健康食材を幅広く提供している会社だとわかりました。

入社前は営業職というのは、商談ばかりだと思っていましたが、入社後は商談はもちろんですが、陳列応援や棚卸し応援といった身体を動かす作業があることが入社前と入社後のギャップだと感じました。
こういった地道な作業が商談を成功させる要因の一つになりえるので、大事な仕事だと意識しながら作業をしています。

大きな仕事を任せてもらえるが故の責任感の重さです。学生時代に「社会人は大変だろうなー」と考えていましたがやはりその通りで、責任感の大きさにギャップを感じました。しかし、その責任感が仕事にやりがいを与えてくれますし、達成したときの喜びは非常に面白みがあります。

Q
入社して一番思い出に残った出来事はなんですか?

1年目研修です。
自分と他部署の新入社員も集まり、意見を出し合うので色んな視点や考え方を知ることが出来、お互いに良い刺激になります。普段の業務の中ではこのような機会はめったに無いので非常に貴重で新鮮な研修時間でした。 

寝坊をしたことです…。
しかし、単に寝坊をしたことが思い出に残っているのではありません。遅れて会社にやってきた私を、上司の方々は私をとがめるのではなく、もしこういった場合どうすれば良いかなどを教えてくださったことが非常に印象深く残っています。失敗したことを責めるのではなく、失敗から何を学び、それを今後にどうつなげるのかを教えてくれる会社だなと感じました。
(今後寝坊は絶対にしません!)

上司へ報告した際に「それで何についての話なの?」と指摘を受けたことがありました。主語が抜けていた為だったのですが、それ以降、自分の考えを伝える時は、“何について、どんなことを伝えたいのか?”を簡潔にまとめて話すようになりました。まだ完璧ではありませんが、以前よりは自分の考えを分かりやすく伝える工夫が出きていると思います。

Q
入社して大変だったことは?

仕事を覚えることです。
先輩には沢山の時間をかけて教えて頂きました。来年の新入社員には私から教えれるように、初心を忘れずこれからもコツコツ真面目に取り組んで活きたいです。また、はやく先輩方の力になれるよう日々成長していきたいです。 

今も常に直面していることなのですが、自分の提案を相手にも共感してもらうということです。くらこんでは、1年目の社員でもさまざまな場面で自分が考えた案を発表する機会があります。その際、いくら自分が納得いく考えでも、大勢の人へ共感してもらうのはとても大変です。この提案力はどの部署で働いていても必要なスキルなので常に磨いていきたいです。

資料やメモをきちんと整理整頓しておくことです。その場ではメモしていても、後々にそのメモをなくしたり、資料がないなどといったことが多々ありました。それから、意識的にメモや資料を整理し、メモしたことをデータ化してマニュアルを作ったり、資料をファイリングしたりと、いつでも欲しい情報を簡単に取り出すことができるようにしました。

Q
就職活動をしている学生に一言!

数え切れない程会社がある中から、ひとつを決めなければならない就職活動。 いいことばかりではないですが、「働くこと」に対しての軸を明確化することで、会社選び、選考に対する向きあい方も変わってくると思います。 私も幅広く会社を見ていく中で、くらこんに出会うことができました。大変ですが、頑張ってください!

くらこんでは若手社員からどんどん責任のある仕事を任せられる風土があります。新しいことにチャレンジしたい方、ガッツのある方、お待ちしています。一緒に頑張りましょう!

就職活動の中で一度自分を作ってしまうと演技を続けなければなりませんし、そんな演技はいざというときには通用しません。 今まで自分のしてきたことに自信を持って、試験に臨むことが一番です。 くらこんは他の企業と違い、選考方法が特殊なので楽しみながら試験を受けることが出来ました。 みなさんも面接の際にはありのままの姿で勝負してください!

一番上に戻る