びっ くらこんレシピ

包丁の使い方

包丁の各部位の名称

包丁の各部位

[刃先]
浅く切り目を入れたり、ごぼうをささがきするときなど細かい作業をするときに使います。
[背(みね)]
肉をたたいたり、ごぼうの皮をこそげるときに使います。
[柄]
手で握るところです。
[刃元]
かつらむきや皮をむくときに使います。
[腹]
輪切りや千切りをはじめ、多くの切り方はこの部分を使います。

手の添え方

よい例
猫の手のように、指をそろえて関節を軽く曲げて材料を押えます。
包丁の腹が、食材を押える中指の第一関節に触れるくらいの距離を維持しながら切ります。
悪い例
指先をのばしたまま切るのは危険です。

このページの上へ▲