こんぶのくらこん 株式会社くらこん
PC版へ
HOME > 昆布講座 > 2. 昆布の歴史

昆布講座

2. 昆布の歴史

こんぶロード

昆布の採取は、江戸時代の徳川幕府による蝦夷地(北海道)開拓以来盛んになり、昆布を食べる地域も広がっていきました。昆布が北海道から各地へ運ばれた道は「こんぶロード」と呼ばれています。

北海道で採取された昆布は、江戸時代、北前船を使い、日本海沿岸をとおり西回り航路にて大阪まで運ばれました。

さらに、こんぶロードは薩摩藩により、琉球王国を中継地点として清(中国)までのびていきました。

古くから昆布は貴重な交易品として、北海道から海路日本海を南下し、関門海峡、小倉、瀬戸内、尾道を経て堺へ運ばれ、大阪や京都で加工販売された歴史があり、産地は北方ですが、昆布を扱う問屋や加工場は大阪周辺が中心となっています。
一番上に
戻る
昆布講座 目次
こんぶのくらこん メニュー